ゲーム音楽の中のケルト音楽・北欧音楽要素―ハイファンタジー作品との繋がりについて―

映画『ロード・オブ・ザ・リング』ホビット村の撮影セット
映画『ロード・オブ・ザ・リング』撮影セット
by Andres Iga on Unsplash

映画音楽では作品の世界観に応じて、世界各地の民族音楽の要素を取り入れることがよく行われます。中世ヨーロッパ的な世界で剣と魔法で戦い活躍する英雄伝=ハイ・ファンタジー(high fantasy)作品には北欧系やケルト系を始めとしたヨーロッパ各地の民族音楽、それに中世ヨーロッパの古楽などが海外では定番です。

日本のファンタジーRPG作品では北欧系や、とりわけケルト系の民族音楽の人気に目を見張るものがあります。今回はケルト音楽や北欧音楽好きの有名なゲーム音楽作曲家による曲とエピソードについて、植松伸夫さん・光田康典さん・なるけみちこさんの3人を取り上げました。

また、そもそもハイ・ファンタジー作品になぜ北欧やケルトが関わるのか?を作品の源流を辿って明らかにしていきます。こうした文化を海外から受容した日本では不思議とケルト系の民族音楽に人気が集まる傾向にあるのですが、その理由についても合わせて考えてみたいと思います。

目次

  1. 北欧音楽について
  2. ケルト音楽について
  3. 作曲家:植松伸夫さん
    1. 『ファイナルファンタジーIV ケルティック・ムーン』
    2. ケルト音楽の意外と日本っぽい郷愁感
  4. 作曲家:光田康典さん
    1. ゼノギアスのアレンジアルバム『CREID』
    2. アヌーナ(Anúna)のコーラスへの憧れ
    3. 北欧音楽の楽器ニッケルハルパを買う
  5. 作曲家:なるけみちこさん
    1. きっかけは植松さんの『ケルティック・ムーン』
    2. アトリエシリーズとの関わり
  6. ファンタジーRPGの源流とケルト神話・北欧神話
  7. 映画『ロード・オブ・ザ・リング』のケルト音楽・北欧音楽
  8. 日本の作曲家が語るケルト音楽の音階の特徴
  9. 参考文献

北欧音楽について

北欧音楽(Nordic Music)とは北欧諸国の音楽のことで、主にスウェーデン、ノルウェー(およびフェロー諸島)、デンマーク、アイスランド、フィンランド(およびオーランド諸島)が含まれます。北欧という字を見ると単にヨーロッパの北という意味にもとれますが、ここではもう少し狭く特定の意味をもちます。一般に北欧はノルディック(Nordic)の訳語として使われます。冬のオリンピック種目ノルディック・スキーなどでお馴染みの言葉です。

北欧諸国(とバルト諸国)
北欧諸国とバルト諸国

この地域は共通のノルド祖語から分かれた言語を共有していて、その多くをノルド系=北ゲルマン系の民族が占めています※1。文化や宗教を始めとして共通点が多くあり、大戦後には地域間の協力を進めるために北欧理事会が設立されるなど、強い結び付きのある地域です。このことは国旗に共通するノルディック・クロスと呼ばれる十字の形にも表れています。

ここ日本でもよく知られているノルウェーの作曲家エドヴァルド・グリーグは、この地域の民族音楽の要素も多く取り入れて作曲しました。中でも組曲ペール・ギュントの「朝」は、ハルダンゲル地方のバイオリンであるハーディングフェーレの共鳴弦に沿った特徴的なフレーズを聞くことができます。

※1: フィンランドに関してはゲルマン系とルーツの異なるバルト・フィン系の言語を話す人々が大半を占めていますが、前述の理由から北欧諸国に含めます。またバルト諸国のうちエストニアでは、同じくバルト・フィン系のエストニア語が話されています。こちらは北欧諸国には含まれませんが、しばしば他のバルト諸国とともに北欧音楽に含める場合があります。

ケルト音楽について

ケルト音楽(Celtic Music)とはケルト諸国の音楽のことで、主にスコットランド、アイルランド、マン島、ウェールズ、コーンウォール、ブルターニュ、ガリシアが含まれます。北欧音楽=ノルディック・ミュージックが主にノルド系の民族の音楽であったのに対して、こちらはケルト系の民族の音楽です。この地域には共通のケルト祖語から分かれた言語が残り※2、近隣のゲルマン系やラテン系の民族とは異なるケルト系の言語文化を共有しています。

ケルト諸国
ケルト諸国 [Koch 2006]

一方で英語やフランス語といった大国の言語に圧迫されて、ケルト系言語は消滅の危機に瀕するようになりました。ケルト系の少数言語と音楽を含む伝統文化を守るために「国際ケルティックフェスティバル」が開かれるなどケルト諸国のあいだで協力が進んでいます。こうした取り組みの結果、ケルト音楽は世界的にも知られるようになりました。

日本で最も知られている例が、唱歌「蛍の光」にアレンジされたスコットランド民謡のオールド・ラング・サイン(Auld Lang Syne)です。明治時代に欧米から輸入された民謡にはケルト諸国の歌も多く含まれています。他にはダニー・ボーイ(Danny Boy)あるいはロンドンデリーの歌として知られる北アイルランドの民謡も有名です。

音楽の特徴や使用楽器に関してはこちら:
ケルト音楽とは? ―使われる楽器・歌声と音楽の特徴―

※2: ガリシアに関してはケルト語は残っていないものの基層言語として影響が残り、民話や地名、音楽などの文化面や、中世初期にもケルト系ブリトン人が移住して来ているなど歴史面からもケルト諸国に含めることの多い地域です。

植松伸夫さん (1):『ファイナルファンタジーIV ケルティック・ムーン』

ファイナルファンタジー IV ケルティック・ムーン
ファイナルファンタジー IV ケルティック・ムーン
Giotto, the Great King - 植松 伸夫 | Apple Music

『ファイナルファンタジー』シリーズの音楽を手掛たことで知らている作曲家の植松伸夫さんは、1991年に作中BGMのアレンジアルバム、『ファイナルファンタジー IV ケルティック・ムーン』をリリースしています。特にアイルランド伝統音楽に憧れていたということもあり、全曲をアイルランドまで行って録音するという力の入れようです。

アルバムの10曲目「Giotto, the Great King(キング・ジォットの城)」です。前半は原曲通りのお城のテーマ曲ですが、途中から華やかな曲調に変わり6/8拍子のジグ(Jig)と呼ばれるリズムの曲になります。スコットランドを中心とした地域では、リズムの異なる曲をメドレー形式で繋げて演奏するセット(set)が好まれています。アルバムの他の曲も多くが「原曲寄り→伝統音楽寄り→原曲寄り」というメドレー形式になっています。

『ファイナルファンタジー V』からしばらくケルト系伝統音楽の要素が入った音楽が増えます。本人いわくケルティック・ムーン以降「ドハマリ」しているそうで、ケープブレトン・スコットランド・アイルランドといったケルト系の伝統音楽を得意とするカナダ人音楽家のジム・エディガー(Jim Ediger)さんにバイオリンを習っていたこともあるくらいです※2 [永芳 2015]。この方は後に『ファイナルファンタジー XI』のサウンドトラックに演奏で参加しています。

ハーヴェスト - 植松 伸夫 | Apple Music

『ファイナルファンタジー V』の町や村で流れるBGM「ハーヴェスト」です。スコットランドの伝統音楽を思わせるバグパイプ的な音色やド↔シ♭という旋律型が特徴的な曲です。ゲーム音楽のライブイベントでもたびたびこの曲のアレンジが演奏されています。最近では2017年12月23日放送分のTV番組、題名のない音楽会「ケルト音楽を楽しむ休日」でもこの曲のアレンジが演奏されました。

※2: カナダの東部はケルト諸国からの移民が多く、特にノバ・スコシア州はスコットランドからの移民が多数を占める地域です。1997年からはノバ・スコシア州ケープ・ブレトンで「ケルティック・カラーズ国際音楽祭」が毎年開かれるなど、ケルト系の少数言語と伝統文化を守る取り組みが進められている地域です。

植松伸夫さん (2):ハマったきっかけは意外と日本っぽい郷愁感

植松さんはインタビューで、民族音楽にはまったキッカケは沖縄音楽で、そこから西へ西へとたどるうちに不思議と哀愁感を感じるアイルランドの音楽に行き着いたことを語っています。ケルト系民族の伝統音楽では7音音階のほかに日本の民謡にも似て5音音階や、5音音階に由来するフレーズが多用されるという特徴があります [水里 2020]。植松さんに限らず「懐かしい」と感じる人は多く、こうした音階や旋律法の特徴も関係しているようです。

そのきっかけは沖縄なんですよ。高1か高2のときに沖縄返還があって(中略)そこからはいろいろ。シルクロードを通るかのように、西へ西へと進んでいって地中海のあたりへ。で、それを超えてアイルランドに行ったら、意外と日本っぽい郷愁感があって面白いなって、そんな風に興味を引かれたんです。

植松伸夫氏インタビュー [4Gamer.net 2019]
常磐の風 - 植松 伸夫 | Apple Music
ティンホイッスル
ティンホイッスル

最近ではスマートフォン向けゲーム『グランブルーファンタジー』の一部で、植松さん作曲のケルト系要素のあるBGMを聴くことができます(作品全体の作曲担当は植松伸夫さん・成田勤さんの2人)。なんと植松さんに依頼をした担当者が『FFIV ケルティックムーン』のファンだったそうで、本人いわく「久しぶりに素直に作れた」そうです [グランブルーファンタジー 2014]。

サウンドトラックの中の「常磐の風」はケルト系の伝統音楽の要素がひときわ強く、リール(Reel)と呼ばれるスコットランド起源の4/4拍子でアップテンポな曲になっています。アコーディオンにバイオリン(=フィドル)※3、そしてスコットランドやアイルランドでよく使われる笛のティンホイッスルが主役の明るく爽快な雰囲気の曲です。

※3: フィドルとは欧米各地の民族音楽におけるバイオリンとその伝統的な演奏法を指します。イタリアから広まったバイオリンが各地で使われるようになり、今では楽器に違いが無い場合も多いですが、独自の演奏法が各地に伝わっています。2021年には北欧フィンランドのカウスティネン・フィドルがユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

光田康典さん (1):ゼノギアスのアレンジアルバム『CREID』

『クロノ・トリガー』を始めとして数々のゲーム音楽を担当してきた光田康典さんは様々な民族音楽にアンテナを張り巡らせていて、世界各地の民族音楽をかけ合わせた多国籍・無国籍の音楽を多く作曲しています。インタビューではケルトや北欧以外にも、スペイン、ポルトガル(のファド)、ブルガリア(のブルガリアンボイス)、バルカン諸国、トルコ、インドネシア(のガムラン音楽)など、好きな音楽を次から次へと挙げています [Zing! 2017]。

LAHAN - 光田康典 | Apple Music
バグパイプ
バグパイプ

1998年リリースの『ゼノギアス アレンジヴァージョン CREID』を紹介します。制作にあたっては東京とダブリンの2か所で録音が行われました。アルバム名の「creid」はケルト系のアイルランド語・スコットランドゲール語・マン島語で「信じる」を意味する言葉です。

レコーディングにはアイルランドの歌手や演奏家だけでなく、北欧系フィンランドのアコーディオン奏者や日本の尺八奏者も参加するなど、多国籍・無国籍な民族音楽アレンジになっています。

ラハン村で流れるBGMのアレンジバージョン「LAHAN」です。ティンホイッスルやバグパイプ、アコーディオン、バイオリン、加えてラテン系のパーカッション、日本の尺八にバックコーラスも入って来てとにかく賑やかで楽しいアレンジの曲です。

曲の最後で聞こえてくる喧騒が印象的ですが、これは光田さんがアイルランドのハーコートホテル内のパブで飲んでいた時に実際に録音した音です。この時まだ有名になる前のルナサ(Lúnasa)が演奏していたというビックリな話がラジオ番組で明かされています。

光田康典さん (2):アヌーナ(Anúna)のコーラスへの憧れ

最近では光田康典さんが『ゼノブレイド2』の一部楽曲を担当して、アイルランドを拠点に活動するケルト系コーラスグループのアヌーナ(Anúna)の歌声を取り入れました。世界的に有名となったダンスパフォーマンス『リバーダンス』にも一時コーラス隊として出演するなど、長年活躍を続けてきたグループです。

光田さんはアヌーナの神秘的で荘厳な歌声が『ゼノブレイド2』の世界観に相応しいと考えて依頼を検討してきました。そんな中、偶然にもケルティック能『鷹姫』という能とケルトコーラスの共演企画のためにアヌーナが来日することになり、そのままトントン拍子でアヌーナのレコーディングも決まりました。

『ゼノブレイド2』より Shadow of the Lowlands
Nintendo Official YouTube Channel

アヌーナがコーラスを担当した「Our Eternal Land」、「We Are the Chosen Ones」、「Ever Come to an End」、「Shadow of the Lowlands」の全4曲のうち、ルクスリア王国の街で流れる「Shadow of the Lowlands」を紹介します。こちらは歌声だけでなくアヌーナ本人たちが登場するPVまで付いている超豪華仕様です。

ヨーロッパ各地にはそれぞれ独自の教会音楽が存在していましたが、次第にグレゴリオ聖歌へと統一されていきました。こうした統一の前にアイルランドやイギリス、ブルターニュで歌われていたのがケルト聖歌(Celtic chant)です [Stäblein 1975]。アヌーナはこうした忘れられていた独自の教会音楽の復興に取り組んできたグループです。光田さんはクラシックの声楽やグレゴリア聖歌、ブルガリアンボイスとも違うアヌーナのコーラスに惹かれたそうです。

当時の私はアイルランド、スコットランド、地中海地方(バルカン半島)、フィンランドを始め北欧の音楽にどっぷりとハマっていた時期です。(中略)。特に「Deep Dead Blue」というアルバムは本当に衝撃的で、クラシカルコーラスでもなければ、グレゴリア、ブルガリアンヴォイスとも違う新たなコーラスの可能性を感じたアルバムでした。

プロダクションノート [ゼノブレイド2 2017]

光田康典さん (3):北欧音楽の楽器ニッケルハルパを買う

光田さんはスウェーデン、ノルウェー、アイスランドといった北欧音楽にも以前から強い興味をもっていました。光田さんが音楽を担当した1999年発売の『クロノ・クロス』の音楽は北欧系伝統音楽の要素をメインに取り入れて作曲されています [Soundmain 2020]。賑やかで活気あふれる港町の「テルミナ」のBGMを紹介します。イントロは4拍子ですが、その後に続く3拍子は北欧諸国で人気の高いポルスカ(Polska)と呼ばれるリズムです。長7度音を多用する旋律型も北欧系の伝統音楽のひとつの特徴です。

テルミナ アナザー - 光田康典 | Apple Music

最近は北欧系、スウェーデン、アイスランド、ノルウェー辺りがまた面白くなっていてすごく良いです。ロックもトラッドも、エレクトロニカ系もすごく強くて。(中略)
二十数年前に一度北欧の音楽にハマって、『クロノ・クロス』というゲームはまさに北欧系の音楽をメインで作ってるんですけど、またちょっと再ブームというか。一周回って面白いなと思ってます。

光田康典氏インタビュー [Soundmain 2020]
ニッケルハルパ
ニッケルハルパ

他にも光田さんの北欧音楽好きエピソードとして、スウェーデンの伝統楽器ニッケルハルパ(Nyckelharpa)を現地の職人に連絡して50万円ほどで購入したことをインタビューで語っています [Zing! 2017]。

バイオリンのようにも見えますが、弦を指で押さえるのではなく木製のキーを押すことで音程が変わります。メロディーを演奏する弦の他に、持続音を出すドローン弦や共鳴弦が張られていて独特の音色を鳴らします。

弓の代わりにハンドルを回して擦弦するようになった楽器にハーディー・ガーディー(Hurdy-gurdy)があります。他のヨーロッパ地域ではこのハーディー・ガーディーが中世から近現代にかけて広く使われていました。

『クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション』楽曲紹介映像 | SQUARE ENIX on YouTube

2022年、クロノ・クロスのリマスター作品として『クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション』が発売されました。少し遡って2019年、北欧音楽バンドのドリーマーズ・サーカス(Dreamers’ Circus)が来日公演を行いました。デンマーク(およびフェロー諸島)とスウェーデン出身者で結成されたトリオです。このタイミングで、リマスター版のための音楽で彼らとコラボするという夢の共演が決まりました。

光田さんは新曲や新規アレンジ曲の候補をあらかじめドリーマーズ・サーカスのメンバーに送って、アレンジも検討してもらっていました。メンバーいわく“テルミナアナザー”は、〈デンマークのポルスカ?〉と思ったぐらいで、初めて聴いたとは思えず驚きましたと、BGM「テルミナ アナザー」がそのまま現地の伝統音楽に聞こえてしまうくらい忠実に、北欧音楽のエッセンスが取り入れられていたことを驚きをもって話しています [Mikiki 2022]。

なるけみちこさん (1):きっかけは植松さんの『ケルティック・ムーン』

『ワイルドアームズ』シリーズの音楽の担当や、『大乱闘スマッシュブラザーズX』でアレンジBGM「時のオカリナメドレー」を提供したことでもよく知られている作曲家のなるけみちこさんは、植松さんの『FF IV ケルティック・ムーン』を聴いたことをキッカケにケルト系の伝統音楽にハマりました。『大乱闘スマッシュブラザーズX』制作の打ち上げで植松さんと会った後に、アイリッシュパブに行って音楽談義をして盛り上がったという話があるくらいです [永芳 2015]。

a little visitor - なるけみちこ | Apple Music

『ノーラと刻の工房 霧の森の魔女』のサウンドトラックから、ワールドマップの画面で流れるBGM「a little visitor」です。ゲームの世界観は北欧をモデルにしていて、フィンランド語をもとにしたアイテムの名前が多くあります。しかし、なるけさんによれば現地の伝統的な民族音楽に寄りすぎず、絵の雰囲気やゲームの内容にも合うようにキャッチーな音楽を作るように心がけたとのことです。

実際に曲を聞くと、一般に北欧音楽では使われない5音音階のフレーズが多用されるなど、むしろメロディーにアイルランドやスコットランドの伝統音楽といったケルト音楽の要素が見られる曲になっています。5音音階は日本の民謡の基礎でもあり、ただ単にモデルにした場所の民族音楽を付けるのではなく、日本でも親しみやすい音楽を付けるという工夫がされています。

背景や世界観を作るときに北欧の街を参考にしたとのこと、では音楽も北欧トラッドで、と思ったのですが、そのまま民族音楽に近いものを流しても何か違うなと思い、絵の雰囲気やゲームの内容からあまり離れないように、わかりやすい音楽を作ることを指針にして制作を進めました。

開発者ブログ なるけ第一回 [ノーラと刻の工房 2011]

なるけみちこさん (2):アトリエシリーズとの関わり

最近では『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』にゲストコンポーザーという形で参加して、ゲーム中で流れるボーカル曲を1曲担当しています。「アトリエ」シリーズの音楽はケルト系以外にもラテン系の音楽や南米のフォルクローレなど、様々な地域の音楽が掛け合わさった多国籍な民族調音楽で人気を集めています。なるけさんもこれまでに複数の作品をプレイしてきて、新作情報も必ずチェックするというアトリエシリーズのファンです。

実は私自身,全部ではないですけれども「アトリエ」シリーズを遊んでいたんですよ。新作情報が出ると,必ずチェックしていましたし。その中で私なりの「アトリエ」シリーズのイメージができていたので,今回はそれを活かそうと最初に考えました。

参加アーティストインタビュー [4Gamer.net 2016]
嵐を越えて - 霜月はるか | Apple Music
ブズーキ
ブズーキ

『フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~』から「嵐を越えて」です。イベントテーマ曲として、船に乗ってこれから広い世界へ旅立つという場面で流れます。作詞・作編曲なるけみちこさんにボーカル霜月はるかさんタッグの曲です。

アコーディオンやバイオリンに加えて、ケルト音楽・カントリー音楽・北欧音楽などにも改造されて取り入れられるようになったギリシャの民族楽器ブズーキ(オクターブ・マンドリン)のエキゾチックな音が特徴的です。

ファンタジーRPGの源流とケルト神話・北欧神話

『ファイナルファンタジー』シリーズにたびたび召喚獣として登場する「オーディン」の名前は、北欧神話における主神のオーディン(Óðinn)から来ています。北欧のみならず広くゲルマン系の民族で信仰されていた神で、英語の水曜日Wednesdayは「オーディンの日」の意味です。(フランスやイタリアといったラテン系の民族ではメルクリウスの日になります)

また、『グランブルーファンタジー』に登場するキャラクター「スカーサハ」の名前はケルト神話の中で、アイルランドのアルスターサイクルと呼ばれる伝説群に登場するスコットランドの武芸者スカアハ(Scáthach)に由来しています。ギリシア神話やインド神話、メソポタミア神話などと共に北欧神話やケルト神話はハイ・ファンタジー作品の題材になってきました。

The Ash Grove - Main Menu - SEGA / Hikaru Tanimoto | Apple Music
アーサー王
ウェールズの写本に描かれたアーサー王
by The National Library of Wales

『ソニックと暗黒の騎士』はアーサー王伝説をもとにした騎士道物語の世界を旅するストーリーの作品です。メインメニューのBGMとしてウェールズ民謡、とねりこの木立(The Ash Grove)のアレンジが収録されています。

ケルト神話の中でウェールズで記録された「マビノギオン」にはケルト系ブリトン人の英雄であるアーサー王についての伝説も含まれています。古代末期、ゲルマン民族大移動によってブリテン島にも侵入してきた集団に対して勇敢に戦ったとされる伝説的な英雄がアーサー王です。配下の「円卓の騎士」とともにその物語が伝わっています。

ウェールズを中心にスコットランドやコーンウォール、ブルターニュで語り継がれてきたアーサー王伝説ですが、後に様々に脚色されて中世の騎士道文学となります。[永田 2013]

アーサー王についての詳細(外部リンク)
ウェールズとケルト?―意外に身近なケルトの国・アーサー王のウェールズ・概観―”, Yoshifum! Nagata


ダンジョンズ&ドラゴンズ
provided by hanmoto.com

こうした各地の神話をハイ・ファンタジー作品やゲームの題材にすることは今に日本で始まったことではなく、ヨーロッパやアメリカでの長い歴史があります。

ビデオゲームが登場して人気が出始める少し前、1974年にアメリカでファンタジー・テーブルトークRPG(TRPG)の『Dungeons & Dragons(ダンジョンズ&ドラゴンズ)』が発売されました。テーブルを囲んで会話しながらルールブックやサイコロを使って進めるというテーブルトークRPGですが、その後のビデオゲームとしてのRPGのさきがけとなりました。

このD&Dの生みの親であるアメリカの作家ゲイリー・ガイギャックス(Gary Gygax)は、ロバート・E・ハワード『英雄コナン』を始めとして様々な剣と魔法の世界のファンタジー小説を読んでいました。中でも一世を風靡したJ・R・R・トールキンの『指輪物語』には大きな影響を受けたと語っています [TheOneRing.net 2007]。

Indeed, who can doubt the excellence of Tolkien’s writing? So of course it had a strong impact on A/D&D games. A look at my recommended fantasy books reading list in the back of the original DUNGEON MASTERS GUILD will show a long list of other influential fantasy authors, though.

Gary Gygax インタビュー [TheOneRing.net 2007]

映画『ロード・オブ・ザ・リング』のケルト音楽・北欧音楽

映画『ロード・オブ・ザ・リング』ホビット村の撮影セット
映画『ロード・オブ・ザ・リング』
ホビット村の撮影セット

現代のハイ・ファンタジー作品に決定的な影響を与えたのがイギリスの作家、J・R・R・トールキン(J. R. R. Tolkien)による小説の『The Lord of the Rings(指輪物語)』です。

1954年から55年にかけて3部作が出版された後、再版が繰り返され世界の様々な言語にも翻訳されて親しまれてきました。2001年からは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズとして映画化されてこちらも世界的な大ヒットとなりました。

トールキンはオックスフォード大学で古英語文学を学び始めて、その後も研究を続けて教授職にも就きました。言語学や神話学の研究で成果を上げて、自身で架空の言語や世界を作り上げるという創作活動に活かし、学術レベルの詳細な設定を作り込みました。北欧神話を含むゲルマン系の神話を中心に学び、他にも近隣のケルト神話、フィンランドの叙事詩、ギリシア神話といったヨーロッパ各地の伝承に詳しく、また大きな影響を受けました [Fimi 2007]。

Concerning Hobbits - Howard Shore | Apple Music

こうした世界観を反映して映画『ロード・オブ・ザ・リング』のBGMにも世界各地の民族音楽要素が散りばめられていますが、作曲家ハワード・ショア(Howard Shore)によるケルト音楽や北欧音楽の要素を取り入れた映画音楽も聞くことができます。小びとのような見た目をもつホビット族のテーマ曲「Concerning Hobbits」にはティンホイッスルやバイオリン、ケルティックハープ、バウロン、アコーディオンといった楽器、そして冒頭の5音音階のフレーズなどいたる所にケルト音楽要素が見られます。

ハーディングフェーレ
ハーディングフェーレ

人間族のローハン王国のテーマ曲「The King of the Golden Hall」では北欧音楽の要素が取り入れられています。好戦的なローハン王国を象徴する金管楽器のファンファーレが印象的で、合間に北欧ノルウェーの弦楽器ハーディングフェーレ(Hardingfele)が入ってきます。

ハルダンゲル地方のバイオリンでハルダンゲル・フィドル(Hardanger fiddle)とも呼ばれます。通常のバイオリンの4弦に加えて共鳴弦が張られることで複雑な音色を作ります。今ではバイオリンと同じ形になりましたが、頭部のライオンあるいは竜の彫刻、真珠のように光る指板、他にも様々な彫刻が施された華やかな楽器です。

The King of the Golden Hall - Howard Shore | Apple Music

イギリス・イングランドの作家トールキンがこれほどまでに言語や神話を熱心に研究して小説を書いたのにはある背景があります。

イングランドを建国した人々はもともと現在の北欧デンマーク周辺に住み、ゲルマン民族大移動により移住してきて(古)英語も持ち込みました。そのしばらく後、一時的にノルマン人に支配されて宮廷では英語ではなくフランス語が話される時代が続きます。このような状況によりイングランド神話は散逸してしまいます。

イングランドに残された古英語文学と、そのルーツである北ゲルマン系の北欧神話を比較することで、失われたイングランド神話を復元できないだろうかという考えがそこにありました。指輪物語に最も影響を与えた要素の1つが古英語で書かれた叙事詩『ベーオウルフ』で、これは英雄ベーオウルフが妖怪や火を吐く竜を退治するという物語です。[川端 2022]

トールキンと古英語文学、北欧神話の関係について(外部リンク)
研究室に行ってみた。信州大学人文学部 バイキング・北欧神話・トールキン 伊藤盡

日本の作曲家が語るケルト音楽の音階の特徴

こうした指輪物語の背景を考えると、イングランドの英雄物語のルーツである北欧神話に合わせて北欧系の伝統音楽を付ける発想がまず浮かびます。イングランドの周囲に住むケルト系の民族の神話も参考にしているためケルト系の伝統音楽を付けたり、あるいは中世的な世界観に合わせて中世ヨーロッパの音楽=古楽も合いそうです。

実際ハイ・ファンタジー作品にもよって北欧音楽、ケルト音楽、古楽といった様々なパターンで音楽が付けられています。一方ここ日本ではなぜかケルト音楽人気が一段高いようです。作曲家の光田康典さんはケルト系の伝統音楽の特徴について次のように語っています。

日本の音楽(民謡)は5音階で出来てるじゃないですか。アイルランドも非常に4度でメロディーが作られていることが多くて、明るくも感じられるし暗くも感じられるみたいな何とも不思議なメロディーラインと、コードワークによってそのメロディーが明るく感じさせることもできますし、マイナー調に聞かせることもできるんですよね。(光田康典)

[NHK-FM今日は1日ケルト音楽三昧 2019]
アイルランド伝統音楽『The Blarney Pilgrim』より
アイルランド伝統音楽『The Blarney Pilgrim』より
スコットランド伝統音楽『Fill Iu O』より
スコットランド伝統音楽『Fill Iu O』より
Fill Iu O - Jennifer Licko | Apple Music

西洋では3度や3度を2個重ねた5度の音が重要で、3度がドミソのミなら長調、ミ♭なら短調です。他に教会旋法も使われますが、こちらも必ず3度音を含みメジャー系かマイナー系の2つに分類できます。ところがケルト系民族の伝統音楽ではメロディーに3度の音がない場合があり、長調・短調でも教会旋法でもない曲が数多く見られます。これは4度や5度が重要で必ずしも3度が存在する必要がない5音音階の影響によるものです。[水里 2020]

こうした5音音階は北ヨーロッパ~西ヨーロッパの他の地域の民謡・伝統音楽には基本的に見られません。作曲家の植松伸夫さんもこの音楽に熱中した理由に「不思議と懐かしさを感じる」ことを挙げていました。日本の民謡と共通する要素が存在していたために作曲家が熱中し、ケルト音楽の要素が積極的に取り入れられるようになったと言って良いかもしれません。

参考文献

  • [Koch 2006] John Koch (2006): Celtic Culture: A Historical Encyclopedia. Oxford, Santa Barbara, Calif, ABC-Clio.
  • [永芳 2015] 永芳 英敬 (2015): “植松伸夫となるけみちこの名曲群をアイリッシュの演奏で堪能!「4star2015」Playing Works! Best Vol.01”, インサイド. (https://www.inside-games.jp/article/2015/05/16/87661.html)
  • [題名のない音楽会 2017] 題名のない音楽会 公式ウェブサイト (2017): “2017.12.23「ケルト音楽を楽しむ休日」(これまでの放送|題名のない音楽会|テレビ朝日)”. (http://www.tv-asahi.co.jp/daimei_2017/contents/Broadcast/0111/)
  • [4Gamer.net 2019] 4Gamer.net 編集部 (2019): “植松伸夫氏に聞いた“これまで”と“これから”。長期休養をしたことで見えてきた,本当にやりたいこととは?”, 4Gamer.net. (https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20190128045/)
  • [水里 2020] 水里 真生 (2020):『ケルト音楽のメロディー1 音階と旋律法』.
  • [グランブルーファンタジー 2014] グランブルーファンタジー公式ウェブサイト (2014): “サウンドディレクター 植松伸夫 | INTERVIEW | グランブルーファンタジー”. (http://granbluefantasy.jp/interview/interview_2.php)
  • [ゼノブレイド2 2017] ゼノブレイド2公式ウェブサイト (2017): “ゼノブレイド2 : プロダクションノート | Nintendo Switch | Nintendo”. (https://www.nintendo.co.jp/switch/adena/production-notes/index-20.html#20171127)
  • [Soundmain 2020] Soundmain編集部 (2020): “有名ゲーム音楽作曲家が語る クリエイターが夢を持てる世界とは(光田康典インタビュー)”, Soundmain. (https://blogs.soundmain.net/2737/)
  • [Zing! 2017] Zing!編集部 (2017): “岸田繁・光田康典対談「民族音楽もゲーム音楽も好きになったらとことん突き詰める」”, Zing!. (http://eonet.jp/zing/articles/_4100776.html)
  • [Mikiki 2022] 小室 敬幸 (2022): “ドリーマーズ・サーカス(Dreamers’ Circus)=光田康典が惚れ込んだ北欧最高峰トリオが語る「クロノ・クロス」リマスター版の音楽”, Mikiki. (https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/31748)
  • [Stäblein 1975] Bruno Stäblein (1975): Schriftbild der einstimmigen Musik (Musikgeschichte in Bildern, Bd. III: Musik des Mittelalters und der Renaissance, Lfg. 4). Leipzig, VEB Deutscher Verlag fur Musik. 訳:音楽之友社 (1986):『単音楽の記譜法(人間と音楽の歴史Ⅲ: 中世とルネサンスの音楽 第4巻)』.
  • [ノーラと刻の工房 2011] ノーラと刻の工房 霧の森の魔女 公式ウェブサイト (2011): “ノーラと刻の工房 霧の森の魔女 開発者ブログ | なるけ第一回”. (http://blog.atlusnet.jp:80/noora/2011/07/post-19.html#more)
  • [4Gamer.net 2016] 4Gamer.net 編集部 (2016): “「フィリスのアトリエ」参加アーティストインタビュー。霜月はるか氏,なるけみちこ氏,阿部隆大氏が考える「アトリエ」らしさとは。新曲2曲の先行試聴も!”, 4Gamer.net. (http://www.4gamer.net/games/344/G034430/20160721017/)
  • [Fimi 2007] Dimitra Fimi (2007): “Tolkien’s “‘Celtic’ type of legends”: Merging Traditions”, Tolkien Studies, Vol.4, No.1.
  • [TheOneRing.net 2007] TheOneRing.net (2007): “Interviews | Gary Gygax – Creator of Dungeons & Dragons”, TheOneRing.net. (http://archives.theonering.net/features/interviews/gary_gygax.html)
  • [川端 2022] 川端 裕人 (2022): “研究室に行ってみた。信州大学人文学部 バイキング・北欧神話・トールキン 伊藤盡”, Webナショジオ. (https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/19/010500018/010500011/)